ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 2010年12月 | トップページ | 2011年07月 >>

2011年03月02日

彼女の卒業

料理とおもてなしを心から愛していたシェフが

この春、卒業を迎えました。

彼女の卒業

シェフは私と同い年の女性。

もともと料理が大好きだった彼女は

小学生の頃からキッチンと図書館を行ったり来たりしながら

独学で料理の技術、理論や歴史まで習得してきました。


ご主人とふたり、筑紫野市にお店を出したのは10年前。


他店で修行することもなく専業主婦からいきなりシェフに転身しましたが

その腕前は評判を呼び

地元だけではなく遠方からも多くの人が店に詰めかけました。


8年前、取材させていただいたことがきっかけで

私はすっかり彼女のファンになってしまい、

以来、家族で何度もお店にお邪魔したものです。


店の名が知られ、メディアにも多くとりあげられて

他店の名シェフを唸らせるような料理を作りながらも、

彼女の姿勢は、全くぶれませんでした。


とにかく彼女はおもてなしが大好きなのです。

「おいしい」と喜ぶ笑顔が見たくて料理をしているような人なのです。

だからお店が忙しくなっても、食通のお客さんが来るようになっても

料理とおもてなしに対する純粋な探求心が尽きることはありませんでした。


家族で店にお邪魔するといつも

いたずらっぽい顔でテーブルにあらわれて料理の説明をする彼女。

新しい料理でビックリさせようと企んでいるのが見え見えなんです。

「その手には乗らないぞ」と、すまし顔で料理を口に運ぶのですが

まいどまいど家族全員で、そのおいしさにビックリしてしまうのでした。


「お店は10年で辞めるって決めていたんです」

彼女はそう言って2月いっぱいでの卒業、すなわち閉店を宣言しました。

先日、卒業祝いもかねて久しぶりにお邪魔した店で

相変わらず、いたずらっぽい笑顔でもてなして下さり

最後の最後まで素晴らしい料理で、家族全員ビックリさせていただきました。


潔く店と決別した彼女、今後の予定はまだ決まっていないようですが

きっとまた何か新しいことを始めて

私たちをビックリさせてくれるのでしょうね。


ご卒業、心からおめでとうございます。

今まで素敵なビックリを、たくさんプレゼントして下さって

本当にありがとうございました。


次回のビックリも、わくわくしながらお待ちしていますよ!

彼女の卒業

カレンダー

最近のエントリー

日記のカテゴリー

おすすめリンク

えほんでGO!
Powered by
Movable Type 3.35