ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2006年01月23日

チョコレート工場

ロアルト・ダール原作「チョコレート工場の秘密」を映画化した
「チャーリーとチョコレート工場」は、昨年大ヒットしましたね。

でもこの原作は20年以上前に、すでに映画化されていたことをご存知でしたか?
1971年に制作された「夢のチョコレート工場」です。

先日DVDでこの作品を観ました。
まだCGの技術もない時代に、あの工場を映像化するなんて…と
正直あまり期待していなかったのですが、
画面に広がる世界は間違いなくウィリー・ワンカのチョコレート工場
可愛くて不思議でわくわくして、まるで絵本をめくっているようなポップな色のオンパレードでした。

新作ではティム・バートン監督や主演ジョニー・デップの個性が強く反映されていましたが、
こちらはより原作に近いストーリーです。
ワンカ役のジーン・ワイルダーや子役たちの演技も素晴らしく、
子供特有のずる賢さや葛藤の描き方に関しては、私は旧作に軍配をあげました。
そして工場で働くウンパ・ルンパも旧作に軍配!

気になる方は是非ご覧下さい。オススメです。