ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2003年01月17日

それは突然の出来事でした

それは突然の出来事でした。息子と二人で入浴していたある晩、シャワーから出ていたお湯が突然冷水に変わったのです。震えながら服を着て主人と共に調べると、どうやら給湯器が故障しているようです。時刻は午後11時。ガス会社に電話すると翌朝9時以降にしか点検出来ないと言うつれない答え…。

結局その日はポットのお湯を使い洗面台でむなしくシャンプーしました。点検の結果、原因は給湯器の老朽化との事で本体を全て取り替えることになりました。それから新しい給湯器が届くまでの1週間。入浴は私の実家で貰い湯したり、スーパー銭湯のお世話になったり。洗い物はもちろん手がちぎれるような冷たい水で済ませました。おかげで私の白魚のような指(うそです)はアカギレだらけ…。しかしようやく我が家に給湯器がやってきました!1週間冷たい水を出しつづけた蛇口から白い湯気が立ち上ったその瞬間、家族の中で大拍手!その晩は我が家の浴室を「宝湯」と名づけ(笑)お湯をたっぷり張った湯船につかり幸せを満喫したのでした。