ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2003年10月08日

小さな鞠(まり)

磁器の土で焼いた小さな鞠(まり)が我が家に20個ほどあります。様々な色土を使って焼いたもので、カラフルなマーブル模様が綺麗。水槽に入れて楽しんでいたのですが、先日水槽から取り出し、水垢を落とすため洗面器に入れて浴室に置いていたんです。当然息子は大喜び!ひとしきり遊んだ後、その鞠を「地球」に見立てて私に説明を始めました。

黒っぽい鞠を手にとって「これは夜の地球なんだよ」。白地に青と緑の模様が入ったものは「水葉っぱ地球」、オレンジ色は「夕焼け地球」、青は「青空地球」…。小さな手のひらの宇宙の中に、様々な地球が生まれました。ああ、なんてロマンチック!末は詩人か文学者かと悦に入っていたら…「全部あわせてねぇ」「うんうん(期待大)?」「宇宙戦隊ちきゅうれんじゃー!!(←かなり得意げ)」・・・・・・・・・・はぁ・・・やはりごく普通の4歳児だったか、我が息子よ(泣)。