ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2004年03月30日

中学校以来ですよ、こんな頭

「中学校以来ですよ、こんな頭。」少し照れくさそうに笑いながら、タクシーの運転手さんは白髪混じりの坊主頭をさすりました。精悍な顔立ちに坊主頭がとてもよく似合っていたので「良くお似合いですよ」と言うと、「いやぁ、風邪引きそうでね」とまた笑い、しばらく間を置いてから「実は女房がね…」と切り出しました。

「女房が乳がんになりましてね。抗がん剤の影響で髪の毛が抜けてしまったんですよ。それで、女房の髪が伸びるまで私も付き合うことにしたんです。」本当は奥様にかつらを買ってあげたいけれど、あまりに高価で手が出ないとか。運転手さんは「かつらのひとつも買ってやれないなんて、お恥ずかしい限りですよ。」とおっしゃいましたが、きっと奥様にとってはその思いやりが何よりも嬉しかったはず。難病と闘う人やその家族の苦しみを私はきちんと理解することは出来ないけれど、運転手さんの愛情が、奥様の笑顔や健康に繋がればいいなぁと祈らずにはいられませんでした。