ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2004年04月19日

大げさかもしれませんが…

大げさかもしれませんが、生きている中で立ち止まったり迷ったりした時に自分を救ってくれた本が何冊かあります。その中の一冊が、先日亡くなった鷺沢萠さんの本でした。

文章の中に「人を信じるなんて、正気の沙汰ではない」という意味の言葉が出てくるのですが、主人公はその言葉から「人を心から信じることは不可能だけど、信じようと心に決めることは可能だ」という答えを導きます。ある出来事で人間不信に陥りかけた時にこの本を読み、それまで「信じる」という言葉に縛られて身動きの取れなかった体が少し自由になった気がしました。人生の分岐点で、前に進むヒントを与えてくれた鷺沢さんに感謝すると共に、この場をお借りして心からご冥福をお祈りいたします。