ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2004年05月18日

ピーロリロー♪

ピーロリロー♪という軽やかな電話の保留音を耳障りだと思ったことはありませんか?妖精が笛の合奏をしているような電子音が殆どですが、私は半ば暴力的な音量と、押し付けがましい無機質なメロディに辟易して受話器を耳から離してしまうこともしばしばです。

ダイヤル式の黒電話が主流だった頃には、受話器を置くと音を奏でる電話保留用のオルゴールがありました。ねじをこまめに巻いておかないと、保留中に音楽の速度が次第に遅くなって最終的に途切れてしまうというアナログゆえの欠点もありましたが、音量や心地よさではオルゴールに勝るものはないと私は思っています。音楽業界がアカペラやアコースティックに回帰しているのなら、保留音、携帯の着信音、目覚し時計のアラームなど、あらゆるところで鳴り響く電子音も原点回帰してくれないかなぁと、受話器を耳から離しつつ考える今日この頃です。