ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2004年09月27日

全国の大道芸人が集まるイベントの取材に行ってきました

全国の大道芸人が集まるイベントの取材に行ってきました。猿回し、ジャグリング、南京玉すだれ、パントマイムなどジャンルは様々。舞台は屋外に設けた数ヶ所のポイントで持ち時間は一組30分、その時間内に客寄せから投げ銭(チップ)集めまでをこなさなくてはなりません。

しかしおよそ20組の芸人が一堂に会しているのですから、道行く人々の足を自分の前で止めさせ、芸を見てもらった後に財布を開かせるのも大変!そこでものを言うのが芸人さんたちの巧みな話術です。抑揚のつけ方や話の運び方、声量、観客との絡み…いやーお見事お見事。声を聞きつけた人々がたちまち芸人さんを取り囲み、あちらこちらに出来た人垣から笑い声や歓声が上がります。路上という名の舞台で毎日真剣勝負しているからこそ、芸も話術も研ぎ澄まされているのだと改めて納得しました。いつも何気なく楽しんでいましたが、その中に潜む高いプロ意識を目の当たりにして、これからは少し大道芸の見方が変わってきそうです。