ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2005年01月04日

年末年始は特番ラッシュ

年末年始は特番ラッシュで普段観ない歌番組も何となく目に耳に入ってきます。「ほほお、最近はこんな歌が流行っているのかあ…」と、ほぼ隠居状態で観ているのですが、その中で久しぶりに安室奈美恵さんの歌を聴いて驚きました。

日本語の発音が、数年前と比べて格段に美しくなっていたのです。常々思っていたのですが、リズムが速く音域が広い曲を歌う人の殆どは日本語の発音が曖昧になりがち。特に顕著なのがサ行とラ行です。極端に言えば「私」は「ワタシュ」、「信じる」は「シュインジリュ」。英語のような響きになるからと、意識的にそのように歌う人も少なくないようです。安室さんもかつてはそんな歌い方をしていたのですが、先日聴いた彼女の歌は違いました。アイウエオの母音が正確に響く歌い方で、歌詞の内容が以前よりハッキリと伝わってきます。私は安室さんのファンでも何でも無いけれど、日本語の歌詞を大切にするシンガーは大好きなので、思わず「安室ちゃん、いいぞ!」とテレビに向かってエールを送ってしまいました。