ブログのトップへ アナウンサーのトップへ FBSのトップへ

<< 前の記事 | トップページ | 次の記事 >>

2005年04月18日

美味しいものには目がない私の家族

美味しいものには目がない私の家族。誕生日などの記念日には決まって美味しいものを食べに行きます。先日の息子の誕生日には、我が家ご贔屓の店の中から息子のリクエストに応えて某所のレストラン「R」をチョイス。以前取材でお世話になった、私と同い年の女性シェフが腕を振るうお店です。

この店がすごいのは、「いつも同じ美味しさ」なのではなく、お邪魔するたびに味が進化していること。中でもシェフがフォアグラ好きの私の為に考案して下さったメニュー「恭ちゃんスペシャル」!簡単に言えばフォアグラをパイで包んだものなのですが、以前食べたものよりも更にフォアグラの味が引き立っていました。聞けば「フォアグラを包むペーストを少なめにして、外側のパイも薄くしてみたんですよ」とのこと。このお店、現在ではグルメ本に掲載されるなどすっかり有名店の仲間入りを果たしていますが、勉強家で、好奇心旺盛で、茶目っ気たっぷりなシェフの姿勢は相変わらず。舌の肥えたお客さんが増えても常に自然体で料理を愛せるシェフの姿は、お料理と共にいつも私を元気づけてくれます。